企業が非公開求人を行う理由について

非公開求人は就職や転職を検討している人にとっては、とても魅力的に感じることが多いでしょう。しかしこの時に、なぜ求人をするのにわざわざ非公開にしているのかが気になると思います。企業が求人を非公開で行うことについては、やはり非公開でなくてはならない理由があるのです。

 

まず最初に考えられることとしては、応募者が殺到することを防ぎたいということが考えられます。特に人気のある企業の場合には一般に求人を公開すると数百人数千人という希望者が応募することが考えられるため、人事担当者の負担が大きくなってしまいます。ですから非公開で求人を出すことによってある程度企業の希望にあった人だけに情報を公開することで選別を行って、その後の面接などで一人一人に時間をかけて対応をしたいと考える場合が多いです。

 

次に考えられることとしては、極秘のプロジェクトを進めたい場合や新規のプロジェクトについて、そのことを同業他者などに知られたくないという場合があります。新規のプロジェクトの人材を一般に公開して募集した場合には同業他社などに対しても情報を知られてしまうことになりますから、これを防ぐために非公開で求人を行うわけです。

 

さらに考えられることとしては、できるだけ優秀な人材を効率よく募集したいという場合があります。企業側からすればできるだけ優秀な人材を採用したいというのが自然なことです。そのために求人について非公開として、エージェントを通して企業が求める条件に合致しそうな人材の絞込みを行うことで、より優秀な人材を集めようという考えによるものです。

 

これらのように企業が求人を非公開で行うということについてはいくつかの理由があってのことなのです。これら以外にも非公開で求人を行う理由はいろいろと考えられるのですが、一般的には上記の理由によって非公開求人が行われる場合が多いようです。